作品詳細

ガガーリン 世界を変えた108分 世界を変えた108分

あなたはの見たこの地球は、今も青く澄んだ光に包まれていますか。

2014.12月20日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー!

1961年4月12日、ソ連の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンは前人未到の宇宙飛行に挑んだ。
全世界が歓喜に沸いた新しい時代の幕開けの瞬間がスクリーンで蘇る!

1961年4月12日、ソ連の宇宙船ボストーク1号に乗ったユーリー・ガガーリンは宇宙へと一人飛び立った。ボストーク1号は、地球の周回軌道に入ると地球の大気圏外を一周し、有人宇宙飛行に成功。108分の宇宙の旅を終えて帰還したガガーリンは、人類初の宇宙飛行士として瞬く間に英雄となり、その偉業は人類史に新しい頁を開いた。貧しい農家で生まれ育ち、空飛ぶことを夢見た少年が、「人類の英雄」として歴史にその名を永遠に刻むまでの半生。そして、想像を絶する過酷な挑戦の全貌を描いた壮大なる物語が、ガガーリン生誕から80年を経た今、初めて明かされる!

東西冷戦さなかのソ連。人類初の宇宙飛行士にふさわしい人物を決めるため、3000人以上の空軍パイロットの中から選抜された精鋭20人の候補生のなかにガガーリンはいた。人間が無重力状態に耐えられるか誰にも分からなかった時代、それはまさしく命がけのミッションだった。厳しい訓練によって、肉体的にも精神的にも追い詰められていく候補生たちは、互いに闘志を燃やしながらも、いつしか共通の夢を目指す同士として固い絆で結ばれていく。果たして、人類で初めて宇宙へ行った男はどのような人物だったのか。伝説のチームと称される20人のなかから、なぜ「彼」が選ばれたのか。

story

1961年4月12日、ソ連の宇宙船ボストーク1号に乗ったユーリー・ガガーリン(1934〜1968)は、前人未到の有人宇宙飛行に挑むため、宇宙へと一人飛び立った。108分の孤独な宇宙の旅の途中、ガガーリンは自らの半生を振り返る―貧しい農家に生まれ、宇宙を夢見る少年時代。3000人以上の空軍パイロットの中から選抜され、20人の候補生の一人として厳しい訓練に耐えた日々。そして、世界初の宇宙飛行士に選ばれるまで。その頃地上では、「人類の英雄」誕生と、新しい時代の幕開けに人々が歓喜の声をあげていた...

cast
staff

ヤロスラフ・ザルニン
ミハイル・フィリポフ
オルガ・イワノワ

監督:パヴェル・パルホメンコ
脚本:オレグ・カペネツ/アンドレイ・ドミトリエフ

2013年/ロシア/ロシア語/113分/カラー/シネスコ/英題:GAGARIN: FIRST IN SPACE
配給:ミッドシップ  
©2013. Kremlin Films All Rights Reserved