作品詳細

ベル&セバスチャン

その先の希望へ——

2015.9.19(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

第二次世界大戦中、ナチス占領下のフランス。ユダヤ人家族を救うため、冬の"アルプス越え"に挑む孤児セバスチャンと野犬ベルの絆に心洗われる感動物語。
日本で「名犬ジョリィ」としてアニメ化され、人気を博したセシル・オーブリーの世界的ベストセラ―文学「アルプスの村の犬と少年」を、自然と犬に人生を捧げるニコラ・ヴァニエ監督が戦時中のアルプスを舞台に実写映画化。ナチスドイツ軍の追跡からユダヤ人難民とレジスタンスたちを救いアルプス越えに挑むという原作にはないエピソードが描かれ、映画ならではのスケール感とドラマ性に溢れる!冒険家として活躍するヴァニエ監督が切り取るアルプスの美しく雄大な景色と、大自然と共に暮らす人々へのあたたかな眼差しがスクリーンを満たし、フランスを代表する国民的女性シンガーZAZ(ザーズ)が歌う主題歌が映画を優しく包み込む。

<予告編>はこちら

story

まだ見ぬ母親の帰りを待つ少年と人間に虐げられた一匹の犬。
ナチスに立ち向かうため、命がけでアルプス越えに挑む!

アルプスの麓の小さな村で暮らす孤児セバスチャンは、山で一匹の野犬と出会う。家畜や人を襲う"野獣"と誤解され村人たちから命を狙われるその犬をベルと名付け、懸命に守るセバスチャン。そして孤独なもの同士、心を通わせていく。時を同じくして村には戦争が影を落とし始めていた。ナチスの捜索の手が伸びるなか、ユダヤ人一家を救うため、ベルとセバスチャンは道案内人として危険な冬のアルプス越えに命がけで挑む――。

cast
staff

フェリックス・ボシュエ
チェッキー・カリョ『ドーベルマン』
マルゴ・シャトリエ『オーロラ』
ディミトリ・ストロージュ『そして友よ、静かに死ね』
メーディ「海のセバスチャン」

監督:ニコラ・ヴァニエ『狩人と犬、最後の旅』  
原作:セシル・オーブリー「アルプスの村の犬と少年」
脚本:ジュリエット・サレ『愛されるために、ここにいる』
ファビアン・スアレ『フューチャー・ゲーム』
ニコラ・ヴァニエ
撮影:エリック・ギシャール『キャラバン』
音楽:アルマン・アマール『オーケストラ!』
主題歌:ZAZ「Belle」

2013年/フランス/フランス語、ドイツ語/99分/シネスコ/原題:Belle et Sébastien
配給:ミッドシップ、コムストック・グループ  宣伝協力:ブラウニー  後援:フランス観光開発機構
©2013 RADAR FILMS EPITHETE FILMS GAUMONT M6 FILMS ROHNE-ALPES CINEMA