作品詳細

歓びのトスカーナ

人生は悲しくて、でも愛おしい。
最高の友情で結ばれていく女性たちの人生讃歌!

7月上旬よりシネ・スイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!

『人間の値打ち』で絶賛を博したイタリアの名匠パオロ・ヴィルズィ監督の最新作『歓びのトスカーナ』。人間ドラマからサスペンスまで多彩なフィルモグラフィーを築き上げてきたヴィルズィ監督が、本作でその鋭くも優しい眼差しを向けるのは、ふとしたことで人生を踏み外し、社会のアウトサイダーになってしまった女性たちである。虚言癖があり、嵐のごとき"ハイ"テンションで周りの人々を引っかき回すベアトリーチェと、過去のトラウマを引きずり、つねに何かに脅えているような"ロー"テンションで自らの殻に閉じこもるドナテッラ。周囲から要注意人物と見なされ、管理上のルールでがんじがらめになっていたふたりが"ほんの少しの幸せ"を探す冒険に身を投じ、時に激しくいがみ合いながらもかけがえのない絆を育んでいく姿は、多くの観客の共感を誘うに違いない。

まばゆい陽光が降り注ぐトスカーナ地方の美しい自然と街並みをバックに、自由を追い求めるヒロインたちからあふれ出る、人生の切なさや愛おしさをいきいきと描出。予定調和的なお涙ちょうだいのドラマに仕立てるのを避けるべく、生きることの喜びも悲しみも、そして耐え難いほどの痛みもまっすぐに見すえつつ、破天荒なユーモアやサプライズを随所に織り交ぜたヴィルズィ監督のバイタリティあふれる語り口が冴え渡る本作。見事、イタリア・アカデミー賞で作品賞、主演女優賞含む5冠に輝いた珠玉の人生賛歌である。

story

わたしたち、何を探しているの?
幸せをほんの少し。

イタリア・トスカーナ州の緑豊かな丘の上にある診療施設、ヴィラ・ビオンディ。ここでは心にさまざまな問題を抱えた女性たちが、広大な庭でくつろいだり、農作業にいそしんだりしながら、社会に復帰するための治療を受けている。大声を張り上げて意気揚々と闊歩する"自称・伯爵夫人"のベアトリーチェは、この施設の女王様のような存在だ。ある日、ベアトリーチェの目に留まったのは、やせ細った体のあちこちにタトゥーが刻まれた、若く美しい新参者のドナテッラ。ルームメイトになったふたりは施設をひょっこりと抜け出し、行き当たりばったりの逃避行のなかで徐々に絆を深めていく。やがて心に傷を負ったドナテッラの脳裏にある痛切な記憶が甦り、ベアトリーチェは病院に引き戻された彼女を救い出そうとするのだが......。

cast
staff

ァレリア・ブルーニ・テデスキ
ミカエラ・ラマッツォッティ
ヴァレンティーナ・カルネルッティ
トンマーゾ・ラーニョ
ボブ・メッシーニ
セルジョ・アルベッリ

監督:パオロ・ヴィルズィ 
脚本:フランチェスカ・アルキブージ、パオロ・ヴィルズィ

◆イタリア・アカデミー賞<ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞> 5部門受賞!
  作品賞、監督賞、主演女優賞、美術賞、ヘアスタイリスト賞
◆ナストロ・ダルジェント賞 監督賞、主演女優賞、脚本賞、オリジナル作曲賞、衣装賞
◆バリャドリッド国際映画祭 グランプリ(金のスパイク賞)、主演女優賞、観客賞
◆イスキアグローバル映画&音楽祭 主演女優賞、プロデューサー賞
◆FICE賞 イタリア映画観客賞、主演女優賞、プロデューサー賞
◆サラソタ映画祭 観客賞
◆ワルシャワ国際映画祭 観客賞第2位
◆カンヌ国際映画祭 監督週間 正式出品

2016年/イタリア・フランス合作/イタリア語/116分/カラー/シネスコ/原題:LA PAZZA GIOIA   
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 提供:ミッドシップ、朝日新聞社 配給:ミッドシップ  宣伝:テレザ、ポイントセット