作品詳細

エリザベス 神なき遺伝子

人間の進化なのか?それとも神への冒涜か?

2016年1月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー

ヒトクローンの創出。それは科学者にとって絶対的欲望であり最も甘美な誘惑。しかし同時に、神にも許されない禁断の行為。

その誘(いざな)いに身を任せた時、人類の見る究極の悪夢が始まる・・・
現在の科学の進歩は人間のクローンを創ることをすでに可能としているが、いまだそれが実現していないのは、倫理的・宗教的な問題を抱えているためだ。しかし、その枷が外れてしまった途端、科学者の暴走は人間の想像を絶するところまで止まることを知らない。
本作の主人公リードは、エリザベス誕生の裏に、数々の隠蔽を重ね、それでもなお衝動に突き動かされるように、"人間製造"という名の罠に嵌っていく。その先にどんな結末が待っているかも知らずに―。
今まで映画ではタブーとされ描かれなかった"おぞましい"領域に踏み込む、禁断のマッドバイオロジック・ホラーの問題作が誕生した!
<2014年ファンタジア国際映画祭 脚本賞受賞>

story

新たなる人類“エリザベス”誕生の陰で、闇に葬られたはずの実験の失敗の数々が、本当の恐怖の扉を開く―

ヴィクター・リード博士は、長年の研究・実験の末、生命科学者にとって究極の目標である、クローン技術による人間の新生児"エリザベス"を誕生させることに成功した。
未知の新人類"エリザベス"に対し、科学的興味から様々な実験や投薬を施すリード博士。やがてその実験はエスカレートし、いつしか歯止めの効かない深みへと陥っていく。一方、"エリザベス"誕生に隠された、それまでの実験の失敗や過ちの数々が明らかになるにつれ、二人を取り巻く状況は激しく変化していくのだった...

cast
staff

ジェレミー・チャイルズ『ラスト・キャッスル』
シェリーン・ニューマン
シャノン・ホップ
デヴィッド・アルフォード

監督・脚本・製作:ビリー・セニーズ
製作:ジェレミー・チャイルズ
撮影:エヴァン・スペンサー・ブレイス
美術:ブライアン・パーカー
音楽:トーマス・ノラ
編集:ジョナサン・ロジャース

2014年/アメリカ/英語/カラー/81分/シネマスコープ/原題:CLOSER TO GOD
配給:ミッドシップ 宣伝:ポイント・セット
©2015 Closer To God, LLC