information

2020.10.19
2019年カンヌ国際映画祭監督週間で上映され注目を浴びたフィンランド映画「DOGS DON’T WEAR PANTS(原題)」が、邦題「ブレスレス 」として12月11日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次ロードショーすることが決定しました。本作は去る10月14日(現地時間)に発表になったユッシ賞(フィンランド・アカデミー賞)でも主演男優賞ほか(撮影賞/編集賞/音楽賞/音響デザイン賞/メイクアップデザイン賞)6部門受賞の快挙を果たしました。



失くした果てに溺れる刹那な痛み。北欧から届いた、呼吸も止まるくらいに美しい愛と再生の物語。

妻を不慮の事故で失い、死んだように毎日を送っている外科医のユハ。救いを求めた先は、ふと迷い込んだSMクラブだった。喉元を締め付けられ、窒息寸前の生死をさまよう中でだけ、妻と再会できるのだ。

本作は、2019年カンヌ国際映画祭監督週間で上映。その斬新なストーリー、卓越した演出力で、多くの観客に衝撃と感動を与えた。監督は、前作『2人だけの世界』(2014年)が、ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭ほか、世界40カ国の映画祭で上映、さらに、ユッシ賞(フィンランド・アカデミー賞)で7部門にノミネートされ、作品賞と監督賞を含む4部門で受賞を果たしたユッカペッカ・ヴァルケアパー。ユッシ賞9部門にノミネートされた本作では、研ぎ澄まされた光や色調の息をのむ映像と、生と死の世界を時間や音で表現する繊細な演出で、美しい愛と再生の物語を見事に描き出す。

主演の外科医ユハには、フィンランドを代表する俳優、ペッカ・ストラング。感受性豊かな繊細な演技で、妻を亡くした主人公の深い悲しみを巧みに表現する一方、限界まで過激に魅せるSMシーンでは、大胆、且つ超濃密な世界を作り上げ、観る者を圧倒する。

SMクラブで働くモナには、数々の映画や舞台で活躍し、確かな演技力を誇るクリスタ・コソネン。昼は整体師をしながら、夜はSMのドミナトリクスという多面的で謎めいた役どころを見事に演じ切っている。

失意の中を生きてきた男と、痛みを与えることでしか生きられない女。

出会ってしまった二つの悲しみは、誰にも奪えない唯一無二の愛へと発展していくのであった。



2019年/フィンランド/105分/原題:DOGS DON’T WEAR PANTS
提供:クロックワークス 配給:ミッドシップ 宣伝:ミラクルヴォイス
(C) Helsinki-filmi Oy 2019
2020.06.23
不屈のスタントウーマンがマニラの夜を駆け巡る。超過激な“熱帯系”アジアン・バイオレンス・アクション『ネバー・ダイ』の公開が、6月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦”他にて決定しました。

抜群の美貌と鋼の信念、強靭な肉体を持ち合わせた最強アクションヒロインが降臨。その名はクレイ。普段はスタントを生業とする彼女が、持ち前の身体能力と格闘能力を武器に、仲間とともに幼いストリートチルドレンの臓器を売りさばく極悪非道な闇の組織に立ち向かう。熱気渦巻く夜のマニラを舞台に、クレイたちと悪党たちとの血で血を洗う壮絶なバイオレンス&アクションが展開。

主人公クレイを演じるエリッチ・ゴンザレスは、14歳でショウビズ界にデビューし、数多くのテレビ番組や映画で活躍するフィリピンを代表する人気女優。その外見からは想像出来ないダイナミックでクールな生身のアクションが炸裂し、悪党どもをバッタバタと倒していく姿にド肝を抜かれる!

壮絶なバトルアクションが話題となった『BUYBUST/バイバスト』に続き、フィリピン発の新たなバイオレンス・ヒロイン・アクションがそのヴェールを脱ぐ!!

2020年6月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦”他にてロードショー!



2018年/フィリピン/102分/タガログ語/カラー/スコープ/原題:WE WILL NOT DIE TONIGHT
配給::ミッドシップ
2020.01.12
サミット壊乱を狙うテロ集団と特殊セキュリティーチームの決死の戦いを描いたサスペンス・アクション大作『ピーク・レスキュー』の公開が、2月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2020”にて決定しました。

東南アジア某国で開催されるサミット開幕直前、その壊乱を目論むテロの情報を掴んだハン・ハオ率いる特殊セキュリティチーム4人が動き出した。事件の捜査が進む中、テロ集団は首脳会談に合わせ、パレード等で賑わう中心街を核爆発の標的にしていることを突き止める。各国の高官を含む想定被害者数は10万人。果たしてハオ達はテロ集団の陰謀を食い止め、10万人の命を救うことができるのか!?

テロ集団の核爆弾取引現場であるジャングルから標的となる都市部の中心街まで、特殊セキュリティーチームの活躍が次々と展開する本作。密林での激しい銃撃戦!市街地を疾走する緊迫感あふれるカーチェイス!そして衝撃の列車爆破テロ!嵐の如く押し寄せる怒涛のアクション・シーンに息をのむこと間違いなし。

2020年2月7日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2020”にてロードショー!※シネ・リーブル梅田:3月21日(土)~



2019年/中国/74分/中国語/カラー/スコープ/原題:巅峰营救
配給::ミッドシップ
© 2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
2020.01.11
終戦まであと数時間 ― 残された同志を救うための知られざる激戦を描いた戦争アクション大作『グレート・ウォー』の公開が、1月24日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2020”にて決定しました。

“グレート・ウォー”とも呼ばれた第一次世界大戦末期、休戦協定が署名された後も、多くの前線では熾烈な戦闘が繰り広げられていた。そんな中、敵陣にて行方不明となった黒人兵士たちの小隊を救助すべく、自分たちの信念に基づき、最後の最後まで戦い抜いたアメリカ軍一団がいた。これは、人種の壁を越え同志を守り抜いた、そんな熱き男たちの物語である。

ギレルモ・デル・トロやジャン=ピエール・ジュネ作品の常連で、『ヘルボーイ』シリーズが当たり役となった怪優ロン・パールマン。『タイタニック』でのレオナルド・ディカプリオの恋敵役が印象にも強いビリー・ゼイン。マーティン・スコセッシ監督のミステリー大作『シャッター アイランド』のベイツ・ワイルダー。名だたる豪華キャストが集結のもと、自ら俳優やプロデューサー、脚本もこなすスティーブン・ルークがメガホンと取った。

2020年1月24日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2020”にてロードショー!※シネ・リーブル梅田:3月1日(日)~



2019年/アメリカ/96分/英語/カラー/スコープ/原題:THE GREAT WAR
配給::ミッドシップ
© 2019 SCHUETZLE COMPANY PRODUCTIONS LLC ALL RIGHTS RESERVED.
2020.01.10
謎に満ちたニューヒロインが降臨する近未来SFアクション『ジェシカ』の公開が、1月24日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2020”にて決定しました。

本作は、謎の女戦士“ジェシカ”率いる社会不適合者となってしまった“はぐれ者”たる孤児たちと、彼らを抹殺するため無慈悲な特殊部隊を送り込む管理社会との熾烈な戦いを描いた異色作。

ベルリン映画祭短編部門金熊賞を受賞した新鋭キャロリーヌ・ポギ&ジョナタン・ヴィネルが、リアリズムとファンタジーが融合した独自の世界観で、新たなアクション・ヒロインを創り出した。

2020年1月24日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2020”にてロードショー!※シネ・リーブル梅田:3月3日(火)~



2018年/フランス/97分/フランス語/カラー/ビスタ/原題:Jessica Forever
配給::ミッドシップ
© 2018 Ecce films – Arte France Cinéma